読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

40代で運動しないと脳が萎縮しやすくなる??? 20年後の健康な身体は今の行動でつくられます

健康

こんにちは

今日は
アメリカのCNNが取り上げたニュースから

40代で運動しないと脳が萎縮しやすくなる

という記事を紹介させて頂きます

f:id:happylife_me:20160910011505j:plain

脳が萎縮しやすくなる、ということは
認知症になる可能性が高くなる
ということです

日本における認知症患者は
2025年には
700万人を突破すると言われており
これは65歳以上の
5人に1人が発症する計算になります

現在でも
高齢の認知症の両親を介護している
高齢の息子や娘に起きた痛ましい
事件も耳にします

自分は息子や娘に迷惑をかけずに
この世を去りたい
と思うのは私だけではないと思います

日本には昔から認知症があったのでしょうか?

医療が進歩して寿命が伸びたから
増えたこともあるでしょうが
それだけでしょうか?

この記事を読んで思いました

40代で運動しないと脳が萎縮しやすくなる

ここに、日本の認知症が増えた原因を
見つけたような気がします

今、認知症で苦しんでいる方達の
前の世代の方達は
農業、林業、漁業など
身体を使う仕事に従事している方が
多くいました

会社に勤めていても
自分で消費する野菜は畑で作る方も
多かったです

この頃の時代の
40代の人はどうだったのでしょうか?

もちろん、ランニングや球技などの
運動をしている人はいなかったと思います

でも
用事があって出かける時は駅まで徒歩
買い物も徒歩
仕事はキツイ肉体労働
40代の人も
50代の人も
もしかしたら60代の人も
男性も女性も
現役の働き手として
身体を動かして働きました

だから
認知症が少なかったのかな?

とても、納得させられてしまいました

今は、仕事で身体を使う人の割合は
減少しています

身体を使うお仕事をしている方でも
機械化が進み
確実に運動量は減少しています

時間がある時には
自分のために
息子や娘、大切な家族のために
身体を動かしてみましょう

運動をしなければ!
と、意気込まなくてもいいです

車だった買い物を自転車にする
1駅位なら自転車で出かけてみる

(私は自転車通勤と烏龍茶で
10kg体重を落としました)

ちょっと心がけてみてはいかがでしょう


以下がアメリカのCNNが
取り上げたニュースです

中年期の運動量と
脳の老化に関する
最新研究結果について
アメリカの神経学会誌の
Neurologyに投稿されたと報じました

私が興味をひかれたのは
研究結果の

「中年期に運動をしない人の脳は
運動をしている人に比べて
20年後の老化が進行している」

ということです

Neurologyに投稿した研究グループは
不明ですが
アメリカのCNNが報じているニュースなので
信ぴょう性はあると思います

40歳前後の1500人に
ランニング運動
MRI
脳のスキャンテストを行い

20年後に同じ検査を行い結果を
比較したものです

40歳の時に
運動テストの数値が良くなかった人は
20年後の検査結果では
脳の萎縮率も高かったそうです

これは
運動をする習慣のある人は
脳への血液や酸素の循環が良くなり
これが脳の老化や認識低下を
予防することにつながる
ということのようです

とはいえ
40歳を過ぎてからの
急で過剰な運動は危険です

今の自分の体力と
健康状態を
充分考慮して始めてください
 

『40代で運動をしないと早く脳が縮むらしい』


中年期に運動をする人と
しない人では
20年後の脳の萎縮率が大きく異なる
という研究結果が発表されました
仕事や子育てに追われる
40代の人たちの反応は
必ずしも肯定的ではないようです

40代で運動しないと脳が萎縮しやすくなる

「中年期に運動をしない人の脳は
運動をしている人に比べて
20年後の老化が進行している」

米CNNは先月
アメリカの神経学会誌の
Neurologyに投稿された
中年期の運動量と
脳の老化に関する
最新研究結果について報じました

研究によると
脳は加齢とともに萎縮することで
認識低下
認知症のリスクを高めるものですが
運動をすることでこのような症状を
抑えることができるとのこと

認知症や心臓病にかかっていない
40歳前後の1500人を対象に
ランニング運動
MRI
脳のスキャンテストを行い

20年後に改めて検査を行った結果
運動テストの数値が良くなかった人は
同時に脳の萎縮率も高かったそうです

さらに
軽い運動をしただけで
血圧や心拍数があがってしまう人も
20年後の萎縮率が高いという結果も

運動をする人は
脳への血液や酸素の循環が良く
これが脳の老化や認識低下を
予防することになるようです

一方で
この研究結果を読んだ40代の人々からは
「もう充分働いてきたんだから休ませろ」
という声も

中略

40代での運動は
とても有効な予防策のように思えますが
40代は休むべき年齢
と捉えている人たちの意見も
今の社会情勢を見ていると
なんとなくうなずけますね

30、40代の労働量が脳の老化に
どのように関係してくるのかという
研究結果の方が
世の中の40代の関心を惹きそうです

 

子育てが終わり自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的にも余裕ができた時
ここからが、私たちの再出発です
もっと、もっと
しあわせになりましょう


最後まで読んで頂き
ありがとうございました



引用元:

40代で運動をしないと早く脳が縮むらしい
http://www.mag2.com/p/news/156169