読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

あれっ?何をしようとしたんだっけ???物忘れが起きる訳!物忘れを減らす方法は?

健康

こんにちは

今回は
認知症のような病的なものではなくて
より身近で
誰でも経験したことがある
物忘れについて書きます

前回の記事で

私たちの脳の老化は
20代から始まるとお伝えしました

20歳台から

記憶力は少しづつ低下していき
60歳台になると
記憶力だけでなく
判断能力や
適応能力なども低下していきます

そのため
物忘れが起きてしまうのです

私は悲しいことですが
確かに年々、物忘れは増えてきています
冷蔵庫を開けて
何を取ろうとしなんだっけ?
なんてことも度々あります

物忘れは脳の中にあるメモ帳の様な
働きをする部分が、脳の老化で
小さくなってしまうために起きてしまいます

この脳の中のメモ帳のことを
ワーキングメモリーと言います

ワーキングメモリーが小さくなると
メモが入りきれずに
ワーキングメモリーに書かれることはなく
あれっ???
なんだったっけ?
と、なってしまうのです

これが物忘れですね

物忘れは
不規則な生活
睡眠不足
疲労
ストレス
などにも影響されます

不規則な生活
睡眠不足
疲労
ストレス
などで、
集中力が落ち
理解力
記憶力が低下して
ワーキングメモリーが小さくなってしまい
物忘れはがひどくなります

このワーキングメモリー
小さくしない方法はないのでしょうか?

歳だからといって、諦めてはいけません

ワーキングメモリー
小さくしない方法もあります

f:id:happylife_me:20160910045402j:plain


急に大きくすることはできませんが
毎日意識して生活することで
ワーキングメモリーが小さくなることを
予防することができます

①積極的に料理をする
②頭でイメージしてから行動する
③感動や達成感を味わう体験をする
④大豆食品を食べる
⑤スロージョギングをする
などです

f:id:happylife_me:20160910045403j:plain

④大豆食品を食べる
骨粗鬆症の予防にも有効とされています

日々の意識して生活することで
ワーキングメモリーの縮小を止められるなら
生活に取り入れたいと思います

是非
お試し下さい

 

【一部抜粋】

ワーキングメモリって
脳の老化が始まるのはなんと20代
20代を境に年齢とともに脳は老化し
記憶力は低下して
さらに60代になると
判断力や適応力も低下するため
物忘れが起こりやすくなってしまう
らしいです

これは
不規則な生活や睡眠不足も一因だそうで
疲れや睡眠不足で
頭がボーッとして集中力が落ち
さらにストレスが加わると
理解力や記憶力も低下し
物忘れがひどくなるのだそう

物忘れを防ぐためには
ワーキングメモリがカギになるそうで
ワーキングメモリとは
一時的に記憶する脳のメモ帳みたいなもので
しかし
このメモ帳は情報の保持時間は長くなく
年齢を重ねるごとに
そのサイズも小さくなってしまうのだとか

ワーキングメモリを活性化させるには

積極的に料理をする
頭でイメージしてから行動する
感動や達成感を味わう体験をする
大豆食品を食べる
スロージョギングをする
などだそうです 

 

子育てが終わり自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的にも余裕ができた時
ここからが、私たちの再出発です
もっと、もっと
しあわせになりましょう


最後まで読んで頂き
ありがとうございました


引用元:
脳の老化がピタリと止まる魔法の呼吸法と超簡単な5つの行動
http://www.mag2.com/p/news/214358