読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

朝ごはんはパン派?ご飯派? どちらが脳と身体にいいのか?

こんにちは

今日は

朝ごはんはパン派?ご飯派?
どちらが脳と身体にいいのか?
について紹介させて頂きます

昨日、朝ごはんを食べないと
ガンや
循環器系の病気になる可能性が高くなる
と書きました

朝ごはんは食べて下さいね

前日の夜ごはんは
寝ている間に消化され
起きた時は
脳も身体もエネルギーの欠乏状態です

エネルギーの欠乏状態のまま
一日をスタートしては
脳にも身体にも良いはずがありません

f:id:happylife_me:20160914071749j:plain


スポーツをする前には
ウォーミングアップをするように
一日の活動の前には、朝ごはんを食べて
脳と身体のウォーミングアップをしましょう

それでも・・・
朝ごはんを食べない習慣が
できてしまうと
身体が今あるエネルギーを
大切に溜めておこうとしてしまうので
太りやすくなります

朝ごはんを食べることは大切だ
ということは充分にわかりました

さて・・・
朝ごはんは
パンとごはんどちらが良いのでしょうか?

白いごはんを食べる時は
おかずが必要になるので
自然に栄養のバランスが
取れるようになります

ごはんはパンに比べて
血糖値の上がり下がりが
ゆるやかなので
腹持ちもいいです

塩米にはでんぷん質が多く含まれています

でんぷん質は
身体の中でブドウ糖に変化します

ブドウ糖
脳を活動させるための
エネルギー源です

脳にもエネルギーを送る
という意味では
朝ごはんはごはんでしょうか

寝ている間の体温は下がっているので
温かいものも1品つけましょう

そう考えると
脳にエネルギーを送る、白米
身体を温める、味噌汁
最高の組み合わせです

朝ごはんをしっかり食べて
1日のスタートラインに立ちたいですね

 

朝ごはんはパン派?ご飯派?
どちらが脳と身体にいいのか?

f:id:happylife_me:20160914071749j:plain

忙しいからといって朝食を抜いていると
思わぬ「災難」があなたを襲うかも…

脳と体のウォーミングアップを
前日の夜ご飯は
寝ている間に消化されるため

朝は脳も体もエネルギー欠乏状態だそうで
朝ごはんを食べない生活を繰り返してしると
体がエネルギーを消費せずに
溜めておこうとするので
太りやすくなってしまうそう

脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖
米はブドウ糖の源になる
でんぷん質を多く含み
白いご飯を食べるときは
おかずが欲しくなるので
自然に栄養のバランスもとれるうえに
パンに比べて
血糖値の上がり下がりがゆるやかなので
腹持ちが良く朝食には
ご飯がぴったりなのだそうです

朝食は私たちの脳や体にとって
スポーツ選手がウォーミングアップをしてから
運動するようなものだそうで
睡眠中は体温が下がっているので
朝食にはなるべく温かいものを食べて
体温を上げた方がいいそうです

朝ごはんをしっかり食べて
1日のスタートラインに立ちたいですね

食べ過ぎた翌朝は…
もし、食べ過ぎたと思った翌日は
オレンジ色の食べ物がよいそうです

オレンジ色の食べ物には
食物繊維が豊富で体のなかを
スッキリさせてくれるうえ
糖分も適度に含まれ
空腹を感じにくくする効果もあって
ダイエットに効果的なものが多いとのこと

例えばニンジンは食物繊維が豊富で
血糖値が上昇するのを抑制し
体脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できるほか
血液中の脂質(コレステロール)を
減らす働きがあり
ビタミンも豊富でデトックスが期待できるそう

次はオレンジ
オレンジに含まれるビタミンCは
体内で脂肪を燃やす
カルニチンの産生を促進し
疲労回復にも効果が

そして、カボチャ
カボチャは糖質が多いですが
食物繊維やβ-カロテンも豊富で
美容にもピッタリとのこと

また、パパイヤは
食物繊維に加えて
たんぱく質消化酵素を含んでいるので
胃分泌を刺激して
消化を助けてくれるそうです

いかがですか、オレンジ色の生活!

 

子育てが終わり自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的にも余裕ができた時
ここからが、私たちの再出発です
もっと、もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました


引用元:
朝ごはんはパン派?ご飯派?
どちらが脳と身体にいいのか?
http://www.mag2.com/p/news/183485#start_point