読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

デンタルフロスと歯間ブラシの違いは何?正しいデンタルフロスと歯間ブラシの選び方!と使い方!

こんにちは

今日は
デンタルフロスと歯間ブラシの違い
デンタルフロスと歯間ブラシの適切な選び方
デンタルフロスと歯間ブラシ使い方を紹介させて頂きます。

普段、デンタルフロスを使っていますか?

デンタルフロスとひと口に言っても、種類がいろいろあります。

f:id:happylife_me:20170118003204j:plain


歯間ブラシと効果はどう違うの?
歯間ブラシを使っていれば、デンタルフロスは使わなくても大丈夫ですか?
よくわからない!という人は多いでしょう。

そもそもデンタルフロスとはどんなもの?

デンタルフロスとはいったいどのような役割を果たすものなのでしょうか?

デンタルフロスは、歯ブラシでは取りきれない歯と歯の間や歯と歯が接する面の汚れ、たとえば歯垢などを取るものです。

基本的には、歯ブラシだけではすべての汚れがとれません。
欧米諸国では、当たり前に使用されているものです。

デンタルフロスには、フロスを指に巻いて使うタイプのものとホルダーにフロスが付いているものの2種類があります。

それぞれのデンタルフロスの使い方を簡単にご紹介します

1.フロス(糸)を指に巻いて使うタイプ

f:id:happylife_me:20170118003220j:plain

手の甲2周分ぐらいを出し、両中指にフロスを巻いて人差し指と親指を使って汚れを取ります。
歯と歯の間にフロスを通して、歯の側面に沿わせて上下させて使います。

2.ホルダータイプ

f:id:happylife_me:20170118003229j:plain

ホルダーを利き手で持って使用します。使用方法は、指に巻いて使うタイプと基本的には同じです。
指の代わりにホルダーがあると思ってください

<使用時の注意点>

・挿入時:のこぎりのように動かして挿入します。力まかせにパチッと挿入してしまうと出血の原因になります

・糸の細さも確認:太い糸は挿入しにくいことがあるので、細さが合っているかどうか要確認をしましょう

デンタルフロスはどうやって選べばいいのでしょうか?

これらのデンタルフロスは、どのように選べばいいのでしょうか。

自身が器用で、奥歯まで指を入れることができる方は、
フロスを指に巻いて使うタイプを選ぶといいでしょう。

面倒に感じる方、口の奥まで指を入れられない方は、
ホルダーつきを推薦します。

くわしい使い方は、歯科医院で歯科衛生士などに確認してください。

デンタルフロスの使い方を誤ると傷になることもありますから、注意が必要です。

デンタルフロスと歯間ブラシの役割の違いって?

ドラッグストアの店頭にはデンタルフロスのほかに、「歯間ブラシ」というものも売られています。

デンタルフロスとはどう違うのでしょうか?
大きな違いは名前の通り形状です。
デンタルフロス:糸形状
歯間ブラシ:ブラシ形状

この2つは、どの部分の汚れを取りたいのかによって使い分けます。

デンタルフロス:歯と歯の間の面の汚れを取る
歯間ブラシ:歯と歯茎の間の汚れを取る

歯の汚れを取るものがフロスで、歯茎の中の汚れを取るものが歯間ブラシだと考えておくといいでしょう。


2種類のデンタルフロスがあること、そして、歯間ブラシとの使い分け方が分かりましたね。

歯間ブラシはどうやって選べばいいのでしょうか?

歯間ブラシの選択は、歯と歯の隙間がどれくらいかによって適した大きさが変わってきます。

歯間ブラシのサイズはたくさんありますのでその中から選んでください。
4SサイズからLLサイズまでと幅広いサイズが購入できるので、色々な大きさを試して、最も自分の歯に合うものを選びましょう。

f:id:happylife_me:20170118003729j:plain

歯並びの綺麗な方は、1つで良いと思いますが、歯並びの悪い方だと場所によって2つのサイズを使い分けた方が良い場合もあります。

太すぎず、細すぎず自分の歯に合った歯間ブラシを見つけて、快適な口腔ケアをしてください。

私は、歯間ブラシを使い始めた時、食事後に食べた物が歯に挟まる感じがして、歯科医師に相談したことがあります。

「挟まりやすいということは、取れやすいということです。
歯間ブラシを使うことで歯茎がしまってきているんです。
これからも、使ってください。」
といわれました。

くわしい使い方は、デンタルフロス同様に歯科医院で歯科衛生士などに確認してください。

歯間ブラシもサイズや使い方を誤ると傷になることもあります、注意が必要ですね。


  ぜひ正しく使用して、虫歯や歯周病を防ぎ、健康できれいな歯を守りましょう。

歯が健康か?
それとも入れ歯か?
この二つには大きな違いがあります。
感じる味覚にも違いが出ると聞いたこともあります。

美味しいものを、美味しく食べるためにも、今ある健康な歯を大切にしてください。


子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう


最後まで読んで頂き
ありがとうございました

 

引用元:
正しく使えてる?歯科衛生士が教えるデンタルフロスの選び方&使い方
http://news.livedoor.com/article/detail/12544685/