読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

ひな祭りの色??ひな祭りの色の由来と意味を知って、家族でひな祭りを楽しみましょう!

楽しいこと

こんにちは

今日は、ひな祭りにまつわる色の由来と意味について紹介します。

3月3日の「ひな祭り」は、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事です。

【ひな祭りの由来と意味】はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓ クリックして下さい ↓ ↓ ↓

ひな祭りの由来と意味を知って、家族でひな祭りをもっと素敵に楽しみましょう!

 

3月3日は、ひな祭りの由来からもわかるように、春を無事に迎えられたことを喜び、これからも皆が元気で過ごせるようにと願う日でもあります。

女の子を主役にするもよし! 
みんなで春の訪れを喜ぶでもよし! 
この日にふさわしい食べ物や色を楽しみ、素敵に過ごしてみてはいかがでしょう。

f:id:happylife_me:20170302101122j:plain

ひな祭りの色?

ひな祭りには『ひな祭りらしい色』というのがあります。

ひな祭りの色は?と聞かれて
"赤"
"白"
"緑"
を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

"赤""白""緑"をひな祭りの色と思う根拠は菱餅(ひしもち)にあると思われます。

ひな祭りと言えば、ひな人形と、菱餅です。
菱餅はひな祭りには欠かせないものです。

菱餅には、"赤""白""緑"の3色が使われています。

菱餅の"赤""白""緑"の3色にもそれぞれ意味があるのです。

そして、菱餅の3色の色の順番わかりますか?
菱餅の3色の餅を、重ねる順番にも意味があるのです。

菱餅の色や重ね方にも意味があります

菱餅】(ひしもち)
菱餅のルーツは、古代中国の上巳節(じょうしせつ/じょうみせつ)で食べていた母子草のお餅です。
母と子が健やかであるようにという願いが込められています。

それが日本に伝わり『よもぎ餅』となります。
江戸時代に菱を入れた白い餅が追加され2色の菱餅になりました。
さらに、明治時代には、くちなしを入れた赤い餅が加わります。

明治時代には現在と同じ3色となりました。
それぞれに、健やかな子に育ってほしいという願いが込められています。

3色の色の由来

●桃色(赤)

赤いクチナシの実には、解毒作用がある。
赤は魔よけの色。

●白

血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を願う。

●緑

強い香りで厄除け効果があるよもぎ餅。
健やかな成長を願う。

3色を重ねる順番の由来
3色を重ねる順番で春の情景を表現しています。

下から緑・白・桃色の順番で

雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている

下から白・緑・桃色の順番で

雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている


緑・白・桃色の3色はひな祭りの色として定着しています。
さらに菜の花を表す黄色を加え、より華やかにする場合もあります。

緑・白・桃色の3色を飾り付けなどに活用すると、ひな祭りの演出にぴったりです。

大切な方と素敵なひな祭りをお過ごしください。


子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう


最後まで読んで頂き
ありがとうございました

 

blog.happylife.me

 

 

引用元:
ひな祭り・桃の節句のいろは~由来と行事食

https://allabout.co.jp/gm/gc/220743/2/